予防法を覚えて実践!!

昨日のブログの続きです!
予防法を覚えて実践しましょう!!

○ 運動に応じた、水分補給を行いましょう!
 クラブ活動、チームなど集団での活動の場合、強制的に水分補給ができる時間を設ける"強制飲水"という方法を行いましょう!
注意として、個人が好きなときに自由に飲める"自由飲水"という方法のみということは避けるべきで、強制飲水と自由飲水の両方を併用して行なう方法が最善とのことです!

100723blog.gif

○ 暑さに徐々に馴らしていきましょう!
 熱中症は、7月下旬から8月上旬の梅雨明け直後に特に多く、また、夏季以外でも急に暑くなったときなどにも起こります。
これは、体が暑熱環境や、体の発熱に馴れていないためで、急に暑くなったときなどは運動を軽くおさえ、体を暑さに少しずつ馴らしていく必要があります。

○ 個人それぞれの条件を考慮する
 下痢、発熱、疲労などで体調の悪い者は、暑い中で運動してはいけないことがわかると思います。
また、体力の低い者、肥満、暑さに馴れていない者は運動を軽減し、運動中は特に注意をする必要があります。

○ 服装に気をつける
 服装は軽装として暑さ寒さにあわせ、吸湿性や通気性のよい素材で、色合いも熱を吸収しないもの(白系統の色)にすると良いでしょう。直射日光は帽子で防ぐようにしてください。
例えば、暑い場合は、白いメッシュ状に織り込んであり、速乾性の素材の半袖シャツに、短パンというような服装です。

○具合が悪くなった場合には、早めに運動を中止して、必要な手当をする
 指導・管理者などが、選手などを見るポイントとして、足の動きや運び、目の焦点、こちらの質問に確り反応できるか(質問は絶対に答えられるもので)の3点をチェック・ポイントとして判断の基準として下さい。もし、少しでもおかしいと判断したら、涼しいところで休憩させ、水分補給をさせましょう! 

しっかり覚えて、健康に楽しくフットサルをしましょうね☆

About

グリーンヒルズ緑山フットサルパークグリーンヒルズ緑山フットサルパーク」は東京都町田市と神奈川県川崎市麻生区に跨り、神奈川県横浜市青葉区に隣接していて、多摩丘陵の上に位置するフットサル場です。南側にはTBS緑山スタジオの緑があり、北側には川崎市岡上地区の農業地域が広がっていて、自然豊かな環境です。そんなマイナスイオンたっぷりな環境のフットサルコートを気持ち良く利用してもらいたいです。新鮮な空気の中、ぜひフットサルを楽しみませんか?
グリーンヒルズ緑山フットサルパークのブログは、2013年3月より緑山ブログに移転しております。

このブログ記事について

このページは、naokiが2010年7月23日 16:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「熱中症対策を!」です。

次のブログ記事は「学生ミックスチーム必見!!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Link

グリーンヒルズ緑山フットサルパーク
アラス・サッカーセンター
清水誠OFFICIAL BLOG
エストリオ
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
人気ブログランキングへ
不動産企画 土地活用 | 株式会社緑野丘企画
神奈川 川崎 横浜 | 株式会社青空企画測量設計
Powered by Movable Type 4.261